不動産業は、一般的に他業種よりも年収が高いといわれており、不動産業界で転職を考えている方も多いのではないでしょうか。
不動産会社の中でも三井不動産リアルティは、不動産売買仲介業最大手。
三井のリハウスに転職を希望されている方も多いでしょう。
本記事では、三井不動産リアルティの気になる年収や、企業概要や向いている人について解説します。


不動産業界特化型転職エージェントに相談する


 

三井不動産リアルティと三井のリハウスの違いとは?

本記事では、三井のリハウスについて平均年収や企業内容などご紹介していきますが、三井のリハウスについて調べていると、三井不動産リアルティという会社名が出てくるため、両者の関係性について気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

三井のリハウスは、三井グループの企業で三井不動産株式会社の子会社です。
CMでもおなじみの三井のリハウスですが、これは会社名ではなく、三井不動産リアルティ株式会社が展開するブランドの名称。三井のリハウスは個人向け仲介を行う店舗を指します。
つまり、三井不動産リアルティが展開する個人向け仲介ブランドの名前が三井のリハウスである、ということです。

なお、三井不動産リアルティ株式会社は、三井のリハウス以外にも三井のリパークというブランドの駐車場運営なども行っています。


 

三井不動産リアルティの企業概要

ここでは、三井不動産リアルティの企業概要をご紹介します。

具体的には、以下3つの項目を見ていきましょう。

・事業内容
・平均年収
・今後の展望 それぞれ解説します。


 

事業内容

三井不動産リアルティの事業内容として、大まかに以下の6つが挙げられます。

・三井のリハウス REALPLAN
・三井のリパーク
・法人向け不動産仲介
・不動産資産コンサルティング
・外国人向け不動産仲介
・カーシェアリング


■三井のリハウス REALPLAN
個人向けの不動産仲介を行い事業です。
マイホームなど個人が所有する不動産の売買や賃貸サービスの提供を行います。


 

■三井のリパーク

駐車場や駐輪場などを運営・管理する事業です。
土地を持っている方に対し、土地活用の方法として駐車場や駐輪の提案を行うといったもの。
「三井のリパーク」の文字を街中で見たことのある方は多いでしょう。


 

■法人向け不動産仲介

法人向けの不動産仲介を行う事業です。
大手企業を相手に不動産の仲介を行うこともあれば、大家さんなど小規模な法人を相手に仲介を行うこともあるでしょう。
いずれにせよ、個人向け不動産仲介より取り扱う金額は大きくなります。


 

■不動産資産コンサルティング

個人の資産の不動産戦略についてコンサルティングを実施する事業です。
個人向け仲介においても、同様にコンサルティングを行うことがありますが、こちらはコンサルティングを専門に行い、内容によってはコンサルティングフィーを受け取る業態だと思えばよいでしょう。
特に富裕層の方がメインの顧客であり、ふさわしい知識や経験、立ち居振る舞いなどが求められるといえます。


 

■外国人向け不動産仲介

外国人向けの不動産仲介です。
増加する外国人の不動産取引需要に対して、日本国内ではまだまだ整備されていないのが実情だといえるでしょう。
三井不動産リアルティでは、外国人向け不動産仲介に関する事業を専門に作って対応しています。


 

■カーシェアリング

車を持たない人も、車を気軽に利用できるサービス。
三井のリパークなどで提供している駐車場の一部に、シェアリング用の自動車を配置して、契約者の間でシェアできるといった業態となります。
特に都心などではマイカーを持てない、駐車するスペースがないといった点から高い需要が見込まれる事業です。


 

平均年収は520万円前後

三井不動産リアルティの平均年収について、リアルエステートWORKS調べでは520万円前後となっています。
ただし、職種や勤続年数、成果によって大きく変わるのであくまでも参考値としてください。
 

今後の展望

三井不動産リアルティの強みはなんといっても不動産売買仲介業最大手であること。
1986年から35年連続で全国売買仲介取扱件数は全国1位であり、その実績とノウハウは数多くの他社の追随を許さないといえるでしょう。
不動産業界においても、デジタル化やニーズの多様化など多彩で質の高いサービスが求められる時代ですが、三井不動産リアルティは柔軟に多様なニーズに応えていくことを目標としています。
不動産仲介だけでなく、駐車場の運営管理やそのノウハウを利用したカーシェアリングなど新しい交通インフラにも力を入れており、今後も不動産業界を牽引していく会社といえるでしょう。


 

三井不動産リアルティが向いている人

次に、三井不動産リアルティが向いている人について説明します。
三井不動産リアルティに向いている人は、次の3つのような人といえるでしょう。

・三井グループで働きたい人
・さまざまな事業に携わりたい人
・大手企業で安定して働きたい人 それぞれ解説します。


 

三井グループで働きたい人

まず、三井グループで働きたい人は三井不動産リアルティが向いているでしょう。
三井グループは、誰しも耳にしたことのある、三菱・住友と並ぶ三大財閥の流れを組む日本の大手企業グループです。
財閥解体後に様々な流れがあり規模が小さくなったとはいえ、日本では絶大なる力を持ち、三井グループで働きたい、と憧れを持つ人も多いでしょう。
三井不動産リアルティは非上場ではありますが不動産売買仲介業最大手であり、三井不動産グループの中でも大きなグループ会社の1つなので、三井グループで働きたいという人にとっては申し分ない企業といえるのではないでしょうか。


 

さまざまな事業に携わりたい人

三井不動産リアルティは不動産売買仲介だけでなく、駐車場の運営管理や新しい交通インフラであるカーシェアリングまで幅広い事業に力を入れている企業です。
三井不動産リアルティはめまぐるしく変化する現代の不動産、業界やお客様のニーズに柔軟に対応する力のある会社なので、新しい分野にも携わることができる企業といえるでしょう。


 

大手企業で安定して働きたい人

三井不動産リアルティは非上場ですが、業界最大手であり、売上も安定した大手企業といえます。
バックには三井グループがついているので、安定を求める人にとっては最適な企業といえるでしょう。
また、大手企業の特徴である福利厚生も充実しており、福利厚生の充実した企業で働きたいと考えている方にもおすすめできる企業だといえます。


 

三井不動産リアルティに転職する流れ

ここでは、三井不動産リアルティに転職する流れを見ていきましょう。

具体的には、以下のような流れで手続きを進めていきます。

1.キャリア採用にエントリー
2.書類選考
3.面接
4.採用

以下、詳しく見ていきましょう。


 

1.キャリア採用にエントリー

三井不動産リアルティのホームページより採用情報を開き、転職の方はキャリア採用にエントリーを行います。
エントリーの際には、学歴・職務経験や動機や自己アピールなどを記入します。


 

2.書類選考

WEBエントリーした書類選考。書類選考を通過すると、面接の前に会社説明・筆記試験が行われます。
筆記試験で不合格となる場合もあり、一般教養などの対策が必要です。


 

3.面接

書類選考を無事通過したら、面接です。
三井不動産リアルティキャリア採用では、2回面接が行われることが多いようです。


 

4,採用

面接に合格すると採用となります。
面接の期間は人それぞれですが、口コミなどみてみると、2週間から1カ月で採用となる人が多いようです。
在職中に転職活動を行う場合は、採用してもらった段階で、どのようなスケジュールで転職するのか、相手方に伝えるとともに、現在の職場での退職手続きについても進めなければなりません。


 

まとめ

三井不動産リアルティの企業概要や年収、向いている人について解説しました。
三井不動産リアルティは、業界最大手であり売上も安定しており、福利厚生も充実した大手企業です。
三井不動産リアルティに転職を希望する方は多いので、競争率は決して低いとはいえないでしょう。
ただ、「様々な分野に挑戦したい」「安定した企業で働きたい」という人にとってはうってつけの企業ですので、選考の流れなどを参考に是非転職活動の際は参考になさってください。


不動産業界特化型転職エージェントに相談する