1 / 1 (6件の不動産/転職コラムが見つかりました)
三井不動産リアルティの年収はどのくらい?企業概要や向いている人について解説
2024/02/27
不動産業は、一般的に他業種よりも年収が高いといわれており、不動産業界で転職を考えている方も多いのではないでしょうか。 不動産会社の中でも三井不動産リアルティは、不動産売買仲介業最大手。 三井のリハウスに転職を希望されている方も多いでしょう。 本記事では、三井不動産リアルティの気になる年収や、企業概要や向いている人について解説します。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する 三井不動産リアルティと三井のリハウスの違いとは? 本記事では、三井のリハウスについて平均年収や企業内容などご紹介していきますが、三井のリハウスについて調べていると、三井不動産リアルティという会社名が出てくるため、両者の関係性について気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 三井のリハウスは、三井グループの企業で三井不動産株式会社の子会社です。 CMでもおなじみの三井のリハウスですが、これは会社名ではなく、三井不動産リアルティ株式会社が展開するブランドの名称。三井のリハウスは個人向け仲介を行う店舗を指します。 つまり、三井不動産リアルティが展開する個人向け仲介ブランドの名前が三井のリハウスである、ということです。 なお、三井不動産リアルティ株式会社は、三井のリハウス以外にも三井のリパークというブランドの駐車場運営なども行っています。 三井不動産リアルティの企業概要 ここでは、三井不動産リアルティの企業概要をご紹介します。 具体的には、以下3つの項目を見ていきましょう。 ・事業内容 ・平均年収 ・今後の展望 それぞれ解説します。 事業内容 三井不動産リアルティの事業内容として、大まかに以下の6つが挙げられます。 ・三井のリハウス REALPLAN ・三井のリパーク ・法人向け不動産仲介 ・不動産資産コンサルティング ・外国人向け不動産仲介 ・カーシェアリング ■三井のリハウス REALPLAN 個人向けの不動産仲介を行い事業です。 マイホームなど個人が所有する不動産の売買や賃貸サービスの提供を行います。 ■三井のリパーク 駐車場や駐輪場などを運営・管理する事業です。 土地を持っている方に対し、土地活用の方法として駐車場や駐輪の提案を行うといったもの。 「三井のリパーク」の文字を街中で見たことのある方は多いでしょう。 ■法人向け不動産仲介 法人向けの不動産仲介を行う事業です。 大手企業を相手に不動産の仲介を行うこともあれば、大家さんなど小規模な法人を相手に仲介を行うこともあるでしょう。 いずれにせよ、個人向け不動産仲介より取り扱う金額は大きくなります。 ■不動産資産コンサルティング 個人の資産の不動産戦略についてコンサルティングを実施する事業です。 個人向け仲介においても、同様にコンサルティングを行うことがありますが、こちらはコンサルティングを専門に行い、内容によってはコンサルティングフィーを受け取る業態だと思えばよいでしょう。 特に富裕層の方がメインの顧客であり、ふさわしい知識や経験、立ち居振る舞いなどが求められるといえます。 ■外国人向け不動産仲介 外国人向けの不動産仲介です。 増加する外国人の不動産取引需要に対して、日本国内ではまだまだ整備されていないのが実情だといえるでしょう。 三井不動産リアルティでは、外国人向け不動産仲介に関する事業を専門に作って対応しています。 ■カーシェアリング 車を持たない人も、車を気軽に利用できるサービス。 三井のリパークなどで提供している駐車場の一部に、シェアリング用の自動車を配置して、契約者の間でシェアできるといった業態となります。 特に都心などではマイカーを持てない、駐車するスペースがないといった点から高い需要が見込まれる事業です。 平均年収は520万円前後 三井不動産リアルティの平均年収について、リアルエステートWORKS調べでは520万円前後となっています。 ただし、職種や勤続年数、成果によって大きく変わるのであくまでも参考値としてください。 今後の展望 三井不動産リアルティの強みはなんといっても不動産売買仲介業最大手であること。 1986年から35年連続で全国売買仲介取扱件数は全国1位であり、その実績とノウハウは数多くの他社の追随を許さないといえるでしょう。 不動産業界においても、デジタル化やニーズの多様化など多彩で質の高いサービスが求められる時代ですが、三井不動産リアルティは柔軟に多様なニーズに応えていくことを目標としています。 不動産仲介だけでなく、駐車場の運営管理やそのノウハウを利用したカーシェアリングなど新しい交通インフラにも力を入れており、今後も不動産業界を牽引していく会社といえるでしょう。 三井不動産リアルティが向いている人 次に、三井不動産リアルティが向いている人について説明します。 三井不動産リアルティに向いている人は、次の3つのような人といえるでしょう。 ・三井グループで働きたい人 ・さまざまな事業に携わりたい人 ・大手企業で安定して働きたい人 それぞれ解説します。 三井グループで働きたい人 まず、三井グループで働きたい人は三井不動産リアルティが向いているでしょう。 三井グループは、誰しも耳にしたことのある、三菱・住友と並ぶ三大財閥の流れを組む日本の大手企業グループです。 財閥解体後に様々な流れがあり規模が小さくなったとはいえ、日本では絶大なる力を持ち、三井グループで働きたい、と憧れを持つ人も多いでしょう。 三井不動産リアルティは非上場ではありますが不動産売買仲介業最大手であり、三井不動産グループの中でも大きなグループ会社の1つなので、三井グループで働きたいという人にとっては申し分ない企業といえるのではないでしょうか。 さまざまな事業に携わりたい人 三井不動産リアルティは不動産売買仲介だけでなく、駐車場の運営管理や新しい交通インフラであるカーシェアリングまで幅広い事業に力を入れている企業です。 三井不動産リアルティはめまぐるしく変化する現代の不動産、業界やお客様のニーズに柔軟に対応する力のある会社なので、新しい分野にも携わることができる企業といえるでしょう。 大手企業で安定して働きたい人 三井不動産リアルティは非上場ですが、業界最大手であり、売上も安定した大手企業といえます。 バックには三井グループがついているので、安定を求める人にとっては最適な企業といえるでしょう。 また、大手企業の特徴である福利厚生も充実しており、福利厚生の充実した企業で働きたいと考えている方にもおすすめできる企業だといえます。 三井不動産リアルティに転職する流れ ここでは、三井不動産リアルティに転職する流れを見ていきましょう。 具体的には、以下のような流れで手続きを進めていきます。 1.キャリア採用にエントリー 2.書類選考 3.面接 4.採用 以下、詳しく見ていきましょう。 1.キャリア採用にエントリー 三井不動産リアルティのホームページより採用情報を開き、転職の方はキャリア採用にエントリーを行います。 エントリーの際には、学歴・職務経験や動機や自己アピールなどを記入します。 2.書類選考 WEBエントリーした書類選考。書類選考を通過すると、面接の前に会社説明・筆記試験が行われます。 筆記試験で不合格となる場合もあり、一般教養などの対策が必要です。 3.面接 書類選考を無事通過したら、面接です。 三井不動産リアルティキャリア採用では、2回面接が行われることが多いようです。 4,採用 面接に合格すると採用となります。 面接の期間は人それぞれですが、口コミなどみてみると、2週間から1カ月で採用となる人が多いようです。 在職中に転職活動を行う場合は、採用してもらった段階で、どのようなスケジュールで転職するのか、相手方に伝えるとともに、現在の職場での退職手続きについても進めなければなりません。 まとめ 三井不動産リアルティの企業概要や年収、向いている人について解説しました。 三井不動産リアルティは、業界最大手であり売上も安定しており、福利厚生も充実した大手企業です。 三井不動産リアルティに転職を希望する方は多いので、競争率は決して低いとはいえないでしょう。 ただ、「様々な分野に挑戦したい」「安定した企業で働きたい」という人にとってはうってつけの企業ですので、選考の流れなどを参考に是非転職活動の際は参考になさってください。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する
ハウスドゥで年収1000万円は可能?平均年収や向いている人の特徴など詳しく解説
2024/01/31
フランチャイズ運営で有名なハウスドゥへの転職をご検討でしょうか? ハウスドゥは、東証プライム上場企業である株式会社And Doホールディングスの不動産事業です。 上場企業であり全国に店舗を有する知名度の高いフランチャイズ経営をしていることから、働きやすさや年収を期待する方もいるでしょう。 とはいえ、ハウスドゥでの実際の給与やどんな求人があるのか、よく分からないという方も多いものです。 本記事では、ハウスドゥの平均年収や企業概要・向いている人から転職の流れ・具体的な求人まで分かりやすく解説していきます。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する ハウスドゥの平均年収と企業概要 ハウスドゥへの転職を検討しているなら、年収は気になるところですね。 ここでは、ハウスドゥの平均年収と企業概要を確認していきましょう。 平均年収は480万円 ハウスドゥの2023年6月期有価証券報告書によると、平均年間給与は480万円です。 ただし、こちらはハウスドゥだけでなく、別のグループ会社も含めた給与となります。 ライトハウスの情報では、平均年収は432万円、30~34歳では平均586万円となっております。 国税庁による給与所得者の平均給与は461万円であることから、ハウスドゥの平均給与は平均と同程度かやや上といえるでしょう。 しかし、不動産業界は業種や成績によって給与は大きく変わってきます。 ライトハウス情報では、最高年収を950万円と答えている方もいることから、年収1000万円が目指せないわけではありません。 とくに営業職で成績が良ければ高い年収を期待できる可能性もあるでしょう。 モデル年収 ハウスドゥはフランチャイズチェーンのため、フランチャイズ先の企業で、さまざまな仕事があります。 また、ハウスドゥグループにもいくつかの職種で求人が出されています。 以下は、フランチャイズ先企業での不動産仲介営業のモデル年収です。 年齢 年収 25歳(経験1年) 年収463万円 26歳(経験2年) 年収500万円 28歳(経験4年) 年収576万円 また、グループ会社のハウスドゥ・ジャパンでは、買取再販の仕入れ職で以下のようなモデル年収が提示されています。 年齢 年収 内訳 40歳 (入社8年目) 3,530万 月給120万円+インセンティブ 43歳 (入社13年目) 2,042万 月給80万円 +インセンティブ 37際 (入社4年目) 1,078万 月給60万円 +インセンティブ 競合との比較 次に、競合との比較を見ていきましょう。 ここでは、中核事業であるフランチャイズチェーンとして、不動産仲介営業との比較を見てみましょう。 ここでは、大手不動産仲介業者である三井不動産リアルティと東急リバブルとで比較してみると以下の通りです。 ハウスドゥ 三井不動産リアルティ 東急リバプル 586万円 537万円 576万円 ※いずれもライトハウスにて30~34歳の平均年収を比較 上記通り、大手不動産会社と比べても大きく変化のない給与水準で、比較した企業の中では最も高い給与水準となっていることが分かります。 事業内容 ハウスドゥは、And Doホールディングスの不動産事業の一つです。 2022年に株式会社ハウスドゥから株式会社And Doホールディングスへ名称変更しています。 And Doホールディングスの中で、不動産販売事業及びリフォーム事業を株式会社ハウスドゥ・ジャパン、フランチャイズ事業を株式会社ハウスドゥ住宅販売が担っているのです。 ハウスドゥ・ジャパンでは、次のような事業を展開しています。 ⚫︎不動産販売事業:中古住宅及び不動産の買取・再生販売や新築分譲販売など ⚫︎リフォーム事業:リフォームや増改築の企画・施工 また、ハウスドゥ住宅販売の主な事業は下記の通りです。 ⚫︎フランチャイズ事業:HOUSE DOのサービス提供・コンサルティング ⚫︎不動産流通事業:不動産売買仲介・代理 ハウスドゥでは、不動産を売る・買う・活用といった不動産に関わるサービスをワンストップで提供しています。 また、近年はリースバック事業にも力を入れており、幅広い事業展開で発展し続けているのです。 ハウスドゥへの転職は、どの事業を選ぶかによって業務内容や給与・必要なスキルも大きく異なってきます。 転職を検討する際には、事業についてもしっかり理解するようにしましょう。 ハウスドゥの口コミ・評判 ハウスドゥの口コミや評判を紹介します。 実際にハウスドゥで勤務していた方の言葉なので、転職の際の参考にしてみてください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ハウスドゥの口コミ① 出典:転職会議 基本的に年二回の人事考課で年一回の昇給・昇格があります。 部署や上長によって評価の基準はばらつきがある事は否めませんがある程度平等な評価はされていると感じております。 (30代前半/男性/正社員/人事) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ハウスドゥの口コミ② 出典:転職会議 たくさんの部署があり場合によっては異動も可能です。 不動産の仕事が好きな20代~30代にはぴったりな職場だと思います。 また、比較的、個人に裁量を任せてくれるのでそのあたりもやりやすさを感じると思います。 (40代前半/男性/正社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ハウスドゥの口コミ③ 出典:転職会議 上場企業ですので残業はかなり厳しく管理されています。 管理部門よりも営業職の方が早く帰っていることが多く、営業職の方であれば生産性を高めて短い時間で成果を上げることが求められています。 時短で活躍されている女性社員も多いのでワークライフバランスはとりやすいかと思います。 (30代前半/男性/正社員/人事) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ハウスドゥの口コミ④ 出典:転職会議 部署にもよりかと思いますが残業はほとんどなく、時間通りに退社できるところがよかったです。 仕事終わりのプライベートも大切にしながら働ける環境が整っていたので、自分の時間も有意義に過ごすことができました。 (30代前半/女性/一般事務) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 口コミでは以下のような意見が多くありました。 ⚫︎残業がなく定時で帰れる ⚫︎キャリア制度が充実している ⚫︎社員同士の仲が良くアットホームな雰囲気で働ける 業務改善に積極的で残業なしで働けるという口コミが多くありました。 不動産業界では珍しく働きやすい環境を整えていると言えるでしょう。 キャリア制度も充実しており職場の選択肢も多いことから、未経験からの入社であってもスキルを磨きやすいと言えます。 ハウスドゥが向いている人 ここでは、どのような人がハウスドゥに向いているかをみていきましょう。 ハウスドゥが向いている人には、以下のような特徴があります。 ⚫︎働きやすい環境で働きたい人 ⚫︎スキルアップを目指している人 ⚫︎幅広い不動産業に関わりたい人 働きやすい環境で働きたい人 ハウスドゥは上場企業であることからも業務改善に積極的で、労働時間の管理や福利厚生がしっかりしています。 事務職などであれば基本的に残業なし、土日休みで働けるので、ワークライフバランスを重視したい方や産休明けの女性でも働きやすいでしょう。 また、ハウスドゥの社内アンケートで職場の人間関係が良好と答える人が多いことからも、働く制度だけでなく人間関係の面でも働きやすい環境といえます。 スキルアップを目指している人 ハウスドゥは、社内のキャリアアップ制度や教育制度が充実しています。 人材育成を重視しており、一般的な人事部とは別に採用・教育に特化した「採用育成戦略部」という部署があるのも特徴です。 キャリア採用にも積極的で、幅広い不動産業に関わりたい人2022年6月時点では、正社員の新卒とキャリアの割合が新卒39%に対して61%とキャリア採用が多いという結果もあります。 未経験からの転職であっても、充実した教育制度・積極的な採用のあるハウスドゥであれば転職や転職後のスキルアップを目指しやすいでしょう。 幅広い不動産業に関わりたい人 ハウスドゥは、不動産に関するさまざまなサービスを展開しています。 ⚫︎ フランチャイズ事業 ⚫︎ 不動産流通事業 ⚫︎ リフォーム事業 ⚫︎ 不動産売買事業 ⚫︎ リースバック事業 ⚫︎金融事業 ⚫︎ プロパティマネジメント事業 ⚫︎管理事業 どの事業に転職するかによって仕事内容は大きく異なります。 また、希望やスキルによっては別事業への移動もできることから、入社後にスキルを磨いて別事業でチャレンジすることも可能です。 ハウスドゥ自体、上場企業として今度も事業の成長が見込める企業であることから、入社後のキャリアアップによって幅広い不動産事業に関わるチャンスがあります。 一つの職場だけでなく幅広い事業に関わって不動産業界で活躍できる人材になりたいという方には、おすすめの職場といえるでしょう。 ハウスドゥに転職する流れ ハウスドゥに転職する流れについてみていきましょう。 ハウスドゥに転職する方法としては、下記のような方法があります。 ⚫︎公式採用ページから応募 ⚫︎ 転職エージェントを利用 ハウスドゥの公式サイトには、キャリア採用のページがあります。 希望の職種やエリアなどから検索して応募してみるとよいでしょう。 また、転職エージェントを利用して応募することも可能です。 転職エージェントであれば、公式サイトに掲載されていない求人なども取り扱っており、採用に向けてもサポートも充実しているので転職におすすめです。 不動産業界に転職するのであれば、不動産業界に特化して転職エージェントを利用するとよいでしょう。 不動産業界に特化していることで、適切な採用に向けてのアドバイス・サポートも受けやすくなります。 ここでは、不動産業界に特化した転職エージェントであるリアルエステートWORKSでの転職方法について解説します。 リアルエステートWORKSで転職する大まかな流れは、下記の通りです。 ⚫︎リアルエステートWORKSで応募 ⚫︎エージェントを打ち合わせ ⚫︎ ハウスドゥで面接 ⚫︎ 採用~入社 それぞれ詳しくみていきましょう。 リアルエステートWORKSで応募 まずは、リアルエステートWORKSの公式ページから「ハウスドゥ」を検索して希望の職種を探します。 エリア毎や職種ごとに募集されているので、自分の希望に合った職種を選ぶようにしましょう。 もし、希望するエリアや職種がない場合でも、相談してみると求人が見つかる場合もあるので一度相談してみることをおすすめします。 希望の職種があれば、リアルエステートWORKSから応募に進みます。 リアルエステートWORKSでは、履歴書や職歴書のテンプレートをダウンロードして利用することが可能です。 事前に用意しておくと、スムーズに応募に進めるのでテンプレートを利用して用意しておきましょう。 エージェントと打ち合わせ 応募後、リアルエステートWORKSのエージェントから連絡が来るので打ち合わせを行います。 打ち合わせでは、ハウスドゥの特徴や面接時の注意点などを確認することが可能です。 打ち合わせ時に質問漏れがないように、事前に聞きたいことはメモにまとめておくとよいでしょう。 また、応募書類の書き方のアドバイスも受けられるので不安がある方は相談してみるのがおすすめです。 ハウスドゥで面接 面接日程の調節後、ハウスドゥでの面接が行われます。 面接日までに、面接に向けてしっかりと準備しておきましょう。 面接の注意点やどのような点をアピールすればいいのかを、事前にエージェントにアドバイスを受けておくことをおすすめします。 採用~入社 最終面接にパスできれば、採用・入社です。 最終面接の際に、入社日の希望などはしっかりと伝えて調整しておくようにしましょう。 エージェントとの打ち合わせ時に、希望の給与や勤務開始日などを伝えておくとスムーズに調整できます。 入社日が決まったら、必要書類などを揃えて入社の日に向けて準備するようにしましょう。 ハウスドゥの求人例 最後に、ハウスドゥにどのような求人があるのかをみていきましょう。 2024年1月時点でリアルエステートWORKSに掲載されている求人には、次のようなものがあります。 ⚫︎リフォーム提案営業 ⚫︎売買仲介営業 ⚫︎営業事務 リフォーム提案営業 戸建やマンションのリフォームを提案する業務です。 お客様の要望や予算に合わせてプランニングしていくことがメインとなります。 具体的な業務内容 ⚫︎依頼への対応 ⚫︎打ち合わせ・提案 ⚫︎関係各所との連絡 給与:想定年収300万円~+インセンティブ 営業ですが、飛び込み営業はなく基本的に反響営業となります。 お客様に寄り添った提案やアイデアを活かした提案力が求められる仕事です。 不動産業界経験者だけでなく、ウエディングプランナーなど人生を支える仕事経験がある人にもおすすめの職種と言えるでしょう。 売買仲介営業 反響影響を中心とした不動産売買仲介を行う業務です。 お客様対応や現地案内・契約業務や引き渡しなどのサポートが主な業務となります。 具体的な業務内容 ⚫︎HP掲載やチラシの配布 ⚫︎売主・買主へのアプローチ ⚫︎お客様対応 ⚫︎契約業務 給与:想定年収300万円~1200万円 不動産売買の反響から契約までをサポートする仕事です。 フォロー体制も整っており未経験者でも活躍することができます。 また、営業だけでなく役職を付けて管理業にステップアップすることも目指せます。 営業事務 営業事務として問い合わせや来客対応・HP更新やデータ管理といった事務仕事を行います。 具体的な業務内容 ⚫︎お客様対応 ⚫︎不動産の営業事務 ⚫︎HP更新・チラシ・間取り図作成 ⚫︎各種データ管理・入出金管理 給与:想定年収290万円~375万円 業務内容は事務だけではなく多岐に渡りますが、半年ほどで一通りの業務は覚えられます。 事務経験や不動産業界未経験であっても、電話対応やなどの経験があれば入社でき、入社後のスキルアップも期待できます。 休暇制度も整っているので、ワークライフバランスを重視したい人にもおすすめです。 まとめ ハウスドゥの平均年収や向いている人の特徴などを解説しました。 ハウスドゥは上場企業であることから勤務環境が整っており、ワークライフバランスを重視して働くことも可能です。 人間関係が良好で教育制度も充実しているので未経験から不動産業界を目指したい人にもおすすめの職場といえるでしょう。 ハウスドゥへの転職に興味があるなら、不動産業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。 リアルエステートWORKSなら、応募書類の作成や面接などのアドバイスを受けることもでき充実したサポートを受け転職を目指すことが可能です。 ハウスドゥを含め、不動産業界に転職を検討しているなら、まずはリアルエステートWORKSで登録してみることから第一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する
不動産営業のインセンティブとは?稼げるの仕組みや歩合率の相場を解説
2024/01/26
今回は不動産営業のインセンティブ制度に関する記事をお届けします。 不動産営業と聞くと、実力次第では若いうちから大きく稼げる印象をもっている人も多いのではないでしょうか。 確かに不動産会社の営業職では、一人ひとりに高い売上目標が課せられるケースが多く、 目標達成のためにプレッシャーや不安を抱えながら働く一方、 インセンティブにより大きな報酬を得ている人もたくさんいます。 では営業能力に自信があり、稼ぎたいのであれば不動産営業職に転職すれば解決するのでしょうか? というとそうではありません。不動産営業の中にもさまざまな職種があるため、 インセンティブ制の採用有無や歩合率、固定給との比率は、 会社によって異なることを理解しておく必要があります。 また、そもそもインセンティブの相場がどの程度なのかを 事前に知っておかなければ良いのか悪いのか判断も難しいため、 インセンティブの相場を理解しておくことも大切です。 そこで本記事では不動産営業におけるインセンティブ制度の詳細や相場、 職種別のインセンティブの額の違いについて解説します。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する 不動産営業のインセンティブ制度とは? 不動産営業におけるインセンティブ制度とはどういったものなのか、 基本的な内容とメリット・デメリットについて解説します。 インセンティブとは何か? インセンティブとはその人の成果に応じて報酬をもらえる制度のことです。 したがって、成果を上げた人と上げられなかった人で報酬に差異が発生します。 不動産業界だけでなく、他のさまざまな業界でも取り入れられており、 特に営業職においては用いられるケースが多いです。 会社がインセンティブ制度を導入する目的は、社員一人ひとりが仕事に責任感をもち、 より多くの売上を上げるためといって良いでしょう。 インセンティブ制度のメリット・デメリット インセンティブ制度には以下のようなメリット・デメリットが考えられます。 【メリット】 ・仕事のモチベーションが高まる ・社員の実績を正当に評価できる ・競争意識をもたせることができる 【デメリット】 ・社員同士の関係が悪化する可能性がある ・安定した給与が得られない ・精神的なプレッシャーになる 自分の成果が直接給与に反映されるため、モチベーションの向上に繋がります。 実力ある会社員の中には「成果を上げているのに周囲と給料が変わらない!」 という不満を抱えている人も多いでしょう。 しかし、インセンティブ制度では自分の上げた成果がそのまま給与に繋がるので、 不公平感を抱くことがなくなり、社員同士の競争意識も高まるため、 会社全体の売上アップが期待できます。 一方、デメリットとしては社員同士がお互いを競争相手と見るようになり、 関係が悪化する可能性が考えられます。 また、給与は自分の成果によって左右されるため安定せず、 精神的なプレッシャーを抱えながら働くことになります。 中にはプレッシャーに耐えられず離職する人も多いため、 インセンティブを取り入れた会社への転職を考える場合は、 自分に向いている制度なのかどうか、よく考えたうえで判断する必要があります。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する 不動産営業におけるインセンティブ制度の歩合率相場 給与形態にインセンティブを取り入れた場合でも、給与のすべてが業務成果によって決まるケースは少なく 「固定給+インセンティブ」である場合がほとんどです。 (中には給与の100%を成果報酬とする「フルコミッション制」を取り入れた会社もあります) では、不動産営業におけるインセンティブ制度の相場はどの程度なのか、詳しく解説します。 歩合率の相場は仲介手数料の5~15% 不動産売買・賃貸の契約を成立させると、仲介を担当した不動産会社は、 仲介手数料を得ることになります。 不動産会社の仲介手数料の上限は、宅建業法により以下のように定められています。 取引物件価格(税別) 仲介手数料の上限 400万円超 取引物件価格(税別)×3%+6万円+消費税 200~400万円以下 取引物件価格(税別)×4%+2万円+消費税 200万円以下 取引物件価格(税別)×5%+消費税 参照元:国土交通省「宅地建物取引業法関係」 取引で得た仲介手数料の5~15%をインセンティブ(歩合)とするケースが一般的です。 しかし、会社の方針や扱う不動産によって金額が大きく変動するため、 インセンティブ制度を取り入れた会社への転職を考えている人は、 その会社の給与制度をできるだけ詳しく調べたうえで判断することをおすすめします。 固定給の大きさによって変動する 不動産営業では「固定給+インセンティブ」を取り入れているケースが多いので、 固定給の大きさによって歩合率が変わります。 固定給が多い会社はインセンティブの比率が小さく、 逆に固定給が少ない会社ではインセンティブを大きくとっている場合が多いです。 インセンティブを取り入れた会社でも、ある程度は安定した給与を確保したい人は前者、 完全に実力主義な会社で働きたい人は後者が向いているといえるでしょう。 不動産職種別、インセンティブの額の違いについて 不動産業界では売買営業、賃貸営業などさまざまな職種がありますが、 インセンティブの額は職種によっても変動します。 不動産売買仲介、賃貸仲介、不動産管理のケースを以下に解説します。 売買仲介営業:最も稼ぎやすい 不動産売買仲介営業は、インセンティブの額が一番高い職種といえます。 不動産という高額な商品を売買するため、動く金額が大きく、 一度の取引で得られる仲介手数料も高額になります。 たとえば、インセンティブが仲介手数料の10%だった場合。 1年間で1,000万円の仲介手数料が得られれば、100万円が支給されることになります。 もちろん、高額な家やマンションを売買するには労力を要しますが、 売れば売っただけ収入が増える仕組みは、営業が得意な人にとって大きなモチベーションになることでしょう。 稼げる求人を見る インセンティブ込みの年収相場はどのくらい? 売買仲介営業の年収相場は、会社次第ではありますが、400~600万円程度であることが多いでしょう。 一定の成果を収めていれば、平均年収程度か、平均年収よりやや多い程度の年収を得られるケースが多いです。 ただし、一部のトップ営業マンが高額な年収を得られる一方で、営業成績を挙げられない人は年収がかなり下がってしまうこともある点には注意が必要です。 トップ営業マンの年収はどのくらい? 売買仲介営業のトップ営業マンの年収は青天井といってよいでしょう。 仲介手数料の一定割合をインセンティブとして受け取ることができるため、例えば1億円の契約を決めて、300万円の仲介手数料を得た場合、40~50万円程度を歩合として受け取ることができます。 このため、特にオフィス用不動産や投資用不動産など高額な不動産を扱う方が給料を大きくしやすいといえます。 賃貸仲介営業:インセンティブの額が少なめ 不動産賃貸営業では、売買仲介営業と比較すると、インセンティブの金額はやや少なくなるでしょう。 賃貸物件の仲介手数料は家賃1ヶ月分であることが多く、 売買と比較すると1件の契約で得られる金額は小さいためです。 取引に必要な知識や契約を達成する労力は、売買と比較すれば少なくなりますが、 大きく稼ぐためには数多くの取引を成功させなければならないでしょう。 一方、売買仲介営業よりも固定給の割合が多めに設定される傾向にあるため、 インセンティブ制度はあってほしいものの、あまり大きな変動がなく 安定的に稼ぎたい考えをもっているに適した職種といえます。 インセンティブ込みの年収相場はどのくらい? 賃貸仲介営業の年収相場は400~500万円程度と、平均年収程度になることが多いようです。 賃貸仲介営業の場合、1件あたりの契約で得られるインセンティブはそう大きいものではありません。 そうした中でも、高額な契約をより多く決めることでインセンティブの額を大きくすることできるでしょう。 トップ営業マンの年収はどのくらい? 賃貸仲介営業のトップ営業マンの年収は、600~1,000万円など平均年収よりやや高い額になることが多いでしょう。 一方で、1件あたりの金額を大きくしづらいため、インセンティブの額も限定的です。 より高い成果を挙げて高い年収を得たいという方は、賃貸仲介より売買仲介の方がおすすめだといえます。 不動産管理会社:インセンティブを導入していないケースが多い 不動産管理会社では、インセンティブ制度を導入しているケースは少なめです。 不動産売買や賃貸と違い、マンションやアパートなどの管理費を定常的に得るビジネスモデルなので、 社員個人が目に見える成果を上げにくい職種であるためです。 どちらかといえば、インセンティブ制度を活用して大きく稼ぐのではなく、 安定的な収入を得たい人向きの職種といえるでしょう。 ただし、中には新規管理物件の受託業務を主としており、新しく物件管理を受託することで インセンティブを得られる会社もあります。 不動産管理業務に詳しく、営業力に自信のある人はこうした形態を取り入れた会社への転職を検討してみるのもおすすめです。 不動産管理の求人を見る インセンティブ相場を理解して不動産営業に転職しよう 以上、不動産営業におけるインセンティブ制度の詳細や相場、 職種別のインセンティブの額の違いについて解説してきました。 インセンティブは人によって向き不向きが大きく分かれる制度です。 成果を上げ、とにかく高い収入を得たい人には向いていますが、 安定した収入を得たい人や、精神的なプレッシャーを抱えやすい人にとっては、 負担が大きい制度とはいえます。 また、職種や会社のよってインセンティブの割合が異なるため、 転職を考える際は、その会社がどの程度の割合をインセンティブとしているのか、 きちんと確認することをおすすめします。 インセンティブ制度を取り入れた不動産会社へ転職する際は、 ご自身の実績やスキル、仕事に対する考え方を踏まえたうえで、 転職が望ましいかどうか判断することが重要です。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する
宅建事務の仕事はきつい?具体的な仕事内容や働くメリット・デメリットなど解説
2024/01/26
宅建の資格を活かして働く方法には、宅建事務という選択肢があります。 不動産業界といえば営業をイメージする方も多いですが、宅建事務も不動産業界を支える重要な仕事です。 とはいえ、宅建事務がどのような仕事か分からないという方も多いでしょう。 この記事では、宅建事務の具体的な仕事内容やメリット・デメリットなどを分かりやすく解説します。 宅建事務を含め不動産業界で働くことを検討しているなら、ぜひ参考にしてください。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する 宅建事務の仕事内容とは? 宅建事務とは、不動産取引に関わる事務作業のことをいい、不動産事務と呼ばれることもあります。 宅地建物取引士の資格取得が前提となっており、一般的な事務作業とは異なります。 まずは、宅建事務がどのような仕事なのかをみていきましょう。 宅建事務の主な仕事内容は、次の3つです。 ・営業サポート事務 ・重要事項説明 ・経理作業 営業サポート事務 営業サポート事務とは、営業職を裏から支えるデスクワークのことです。 具体的には、次のような仕事があります。 ・来客や問い合わせ対応 ・営業不在時のモデルハウス案内 ・データ作成や管理 ・広告作成など 来客の受付やお茶出し・電話対応など一時受付の仕事があります。 不動産会社は、部屋を探しているお客様や売りたいお客様だけでなく、管理会社などの業者・社内の人など来客や電話が多いものです。 しっかりとした対応は営業担当などが行うにしても、その手前の受付や聞き取りなどの業務は一般事務だけでなく宅建事務も行うことになります。 また、お客様情報や物件情報などの入力や既存データの修正といった管理業務も発生します。 広告作成というと事務の仕事ではないと感じる方もいるでしょうが、宅建事務が担うケースが多いでしょう。 広告の作成だけでなく、物件の撮影から必要になるなどデスクワーク以外の仕事があるケースも少なくありません。 重要事項説明 宅建事務の仕事の中でも、メインと仕事となるのが重要事項説明と書類の作成です。 重要事項説明とは、契約前に行う取引内容の重要事項を説明する業務のことをいいます。 重要事項説明と重要事項説明書・契約内容署名の記名捺印は、宅建士の資格を有している人しかできない独占業務となります。 重要事項説明については、お客様に対面で説明するため担当営業マンが宅建士の資格を有していれば対応するのが通常です。 しかし、担当営業者が宅建士の資格を有していないケースもあります。 記名捺印については対面である必要もありません。 営業職の優先業務は営業であることから、重要事項説明や書類の作成は宅建事務が担うケースも多いのです。 経理作業 会社によっては、宅建事務でも経理業務を担当するケースもあります。 不動産会社の取り扱う商品は不動産という高額な商品です。 また、不動産ごとや部屋ごとで金額も異なってくるので、入念なチェックも必要です。 経理にミスがあれば、大きな損失につながる恐れもあるのでミスは許されません。 未経験でも働ける?宅建事務として働くメリット ここでは、宅建事務として働くメリットとして、下記の3つを解説します。 ・未経験でも働きやすい ・柔軟に働きやすい ・手に職をつけやすい 未経験でも働きやすい 宅建事務は、宅建士の資格を有していれば未経験の女性でも問題ない会社がほとんどです。 宅建士という資格が必要になることから、未経験者のニーズも高くこれから不動産業界に携わりたいという人にもおすすめの仕事といえます。 また、宅建事務であれば営業のようにノルマもありません。 売上を上げるというストレスを感じずに仕事できるのは、大きなメリットといえるでしょう。 柔軟に働きやすい 宅建事務の仕事は、正社員だけでなくパートやアルバイト・派遣などさまざまな雇用形態があります。 子育て中の人のために時短勤務でもOKという会社も少なくありません。 家庭環境に合わせて働きやすいため、ワークライフバランスを重視したい人や子育て世帯の再就職先・まずはアルバイトから短時間で経験を積んでみたいという人にもおすすめです。 手に職をつけやすい 宅建事務は宅建士の資格が必要な専門職です。 宅建士の資格があれば、不動産業界で重宝されやすく長く働きやすいという特徴があります。 また、不動産会社の多くは資格手当を支給しているため、宅建士の資格があることで収入アップを目指しやすいというメリットもあります。 宅建事務の求人を見る 仕事内容はきつい?宅建事務として働くデメリット 宅建事務の仕事は、そのデメリットからきついと言われることがあります。 ここでは、デメリットとして次の3つを解説します ・幅広い分野の知識が要求される ・ミスできない ・土日に仕事が入りやすい 幅広い分野の知識が要求される 宅建事務に関わらず不動産業界は幅広い知識が要求される仕事です。 不動産業界の特有の商習慣だけでなく、法律や税金などさまざまな分野の知識が必要です。 加えて、これらの情報は法改正などで変わっていくので、常に最新情報をチェックする必要があります。 会社によっては研修制度が整っているところも多く未経験でもスタートできますが、自分から進んで勉強する姿勢は必要です。 学ぶのが苦手という人にはきついと感じてしまうこともあるでしょう。 ミスできない 不動産取引は高額で、契約者双方にとっても重要な契約です。 書類のミスや説明不足などのちょっとしたミスが、大きなトラブルに発展する恐れがあります。 基本的にはトラブルにならないようにチェック体制を整えている会社が多いですが、正確かつ丁寧な仕事で責任感は求められます。 小さなミスも許されない環境にストレスを感じる人にはきつく感じてしまうでしょう。 土日に仕事が入りやすい 不動産会社の多くは土日も仕事があります。 一般のお客様を相手にするため、土日の方がお客様は多くくるものです。 基本的に不動産会社の多くは水曜休みという会社が多いでしょう。 そのため、営業マンだけでなく営業を支える宅建事務も土日に仕事が入るケースは少なくない点には注意が必要です。 ただし、事務職でもあるため希望すれば土日休みにできるケースもあるので、事前に会社に相談しておくようにしましょう。 宅建事務の仕事が向いている人の特徴 宅建事務の仕事が向いている人の特徴は、下記の2つです。 ・人とコミュニケーションをとることが好きな人 ・正確に仕事ができる人 人とコミュニケーションを取ることが好きな人 事務だから人とそんなに関わらないのではとイメージする方も多いでしょう。 しかし、来客や問い合わせの多い不動産業界では宅建事務もその対応が必要です。 また、営業につなぐためにお客様に相談内容などの聞き取りが必要なケースもあるでしょう。 会社によってはお客様へのモデルハウスの案内を任されることもあります。 コミュニケーションは対客様だけではなく、取引先や会社間でも多々発生します。 このように宅建事務であっても、円滑に仕事を進めるにはコミュニケーション力が必要になってくるのです。 正確に仕事できる人 宅建事務にはミスのない正確な仕事が要求されます。 お客様の資産に関わる重要な契約を任されえるので、細かいところまで入念にチェックして丁寧で正確な仕事が必要です。 宅建事務の仕事は、どちらかというと地味でコツコツとした仕事です。 コツコツ地道に仕事することが苦にならない、正確な仕事や責任感を求められる仕事が得意という人に適した仕事といえるでしょう。 宅建事務に転職する流れ 宅建事務に転職する方法には、不動産会社の公式採用ページから募集する方法と転職エージェントから転職する方法があります。 不動産会社の公式採用ページで希望する宅建事務があれば応募してみるとよいでしょう。 採用ページの求人は、時期によっては募集されていないこともあるので、こまめにチェックすることが大切です。 転職エージェントを利用して不動産業界に転職するなら、不動産業界に特化した転職エージェントがおすすめです。 不動産業界特化型なら、不動産業界の転職求人を多く取り扱っているだけでなく、公式採用ページでは募集されていないような求人があるケースもあり、不動産会社への転職を有利に進められます。 ここでは、不動産業界に特化した転職エージェントであるリアルエステートWORKSを利用した、転職の流れをみていきましょう。 大まかな流れは次の通りです。 1.転職エージェントに登録する 2.転職エージェントで宅建事務の仕事を検索する 3.転職エージェント経由で応募する 転職エージェントに登録する まずは、転職エージェントに登録しましょう。 リアルエステートWORKSの登録は、簡単な質問に答えるだけで登録が可能です。 転職エージェントで宅建事務の仕事を検索する 登録完了後は、求人を検索します。 求人検索ページから、希望の勤務地や職種で検索しましょう。 リアルエステートWORKSなら、履歴書や職務経歴書といった応募書類もダウンロードして使用できるので、事前に作成しておくとスムーズに応募できます。 また、転職するためには応募書類の充実さも重要です。 エージェントへの相談で応募書類の作成方法などのアドバイスももらえるので、アドバイスをもらいながら書類を作成しておくとよいでしょう。 転職エージェント経由で応募する 応募書類を作成したら、そのままリアルエステートworks経由で応募可能です。 転職エージェントであれば、面接の日程調整や選考方法などさまざまなサポートを受けられるので、効率よく転職活動が行えるでしょう。 まとめ 宅建事務の仕事内容やメリット・デメリット、転職の流れについて解説しました。 宅建事務は、重要事項説明など宅建士の資格を有した人の独占業務を行うだけでなく、営業サポート事務や経理など幅広い仕事内容の仕事です。 未経験でも働きやすく柔軟な雇用形態があるなどメリットも多いですが、ミスのない仕事を求められるためきついと言われることもあります。 しかし、宅建士の資格を活かして活躍できる仕事でもあるので、これから不動産業界に転職したい人にもおすすめの仕事でもあります。 宅建事務への転職を検討しているなら、リアルエステートWORKSを利用してみるとよいでしょう。 不動産業界に特化したリアルエステートWORKSなら、宅建事務を含め多くの求人を取り扱っており転職までをしっかりサポートします。 まずは、リアルエステートWORKSの登録からスタートしてみはいかがでしょうか。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する
宅建資格を取得しても約に立たない?理由や取得するメリットなど解説
2023/12/11
「宅建は役に立たない」という話を耳にして取得を躊躇している方もいるでしょう。 宅建は不動産業界で働くうえで欠かせない資格であることから、転職に際して取得を目指している人も少なくありません。 しかし、「とっても意味がない」と言われてしまうこともあります。 結論から言えば、宅建は取得する価値がある資格であり活用次第では大きなメリットを得られます。 ただし、取得にはデメリットもあるので理解しておくことが大切です。 この記事では、宅建が不動産転職の役に立たないと言われる理由や取得のメリット・デメリットを詳しく解説します。 不動産業界への転職に興味がある人は、ぜひ参考になさってください。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する 宅建が不動産転職の役に立たないといわれる理由 そもそも宅建とは、「宅地建物取引士」の略称のことをいい、不動産取引の専門家を示す国家資格です。 毎年20万人前後が受験する国家資格であり、知名度や人気の高い資格でもあります。 不動産取引での重要事項説明は宅建士のみが行える業務であり、不動産業を営むには事務所への宅建士の設置も義務付けられています。 そのため、不動産業界では欠かせない資格でもあるのです。 それなのになぜ宅建の取得は「転職の役に立たない」と言われてしまうのでしょうか? その要因として、下記の2つが考えられます。 営業力が重視されるから 宅建士は増え続けているから 1.営業力が重視されるから 不動産業界は、売り上げをいくら上げられるかどうかの実力主義な世界です。 特に、営業職であれば契約件数や売り上げという数字で分かりやすく比較されやすいでしょう。 給与体系で歩合制を導入している会社も多く、死角の有無よりも営業力が評価に大きく左右されるのです。 たとえば、宅建の資格を所得していても契約件数0の人より、資格なしでも売り上げトップクラスの人が会社への貢献度が高く優遇されます。 このように、不動産業界では資格よりも売り上げ重視の人選をされる傾向があるものです。 そのため、転職時も資格の有無より過去の営業成績が高い人が採用されやすく、役に立たないと言われてしまうことが考えられます。 2.宅建士は増え続けているから 宅建士は知名度だけでなく取得者も多い資格です。 2023年度の資格受験者は約23.4万人に上り、2022年度の約22.6万人を上回っています。 合格ラインは採点後に合格点が決まる相対評価方式であり、毎年15%前後が合格率となります。 ちなみに、2022年の合格率は17%で合格者が約3.8万人という結果です。 受験者数が毎年変動しますが、受験資格が他の国家資格に比べ緩く人気の高い資格でもあることから毎年3~4万人の宅建取得者が誕生することが予測されます。 なお、国土交通省の調査によると2021年度末時点で登録済みの宅建士の数は、112万6595人に上ります。 反対に、宅建業者の数は約12.8万業者となり2012年度の約12.2万からそれほど上昇していません。 宅建業者数に対して宅建士の数は過剰とも言える状況でしょう。 会社によっては宅建士が飽和状態でそれほど採用を優先していない可能性もあります。 また、同じように不動産業界を目指す人の多くは宅建士を取得している可能性が高くなることも予測されます。 宅建士があふれている状態ともいえるため、宅建士が採用に大きく有利になる可能性が低いのです。 不動産転職で宅建を取得するメリット 転職に役に立たないと言われる宅建ですが、取得が無駄というわけではありません。 むしろ、宅建を取得するメリットは大きい資格でもあります。 ここでは、宅建を取得するメリットとして、下記の3つを解説します。 面接で有利になる 年収アップにつながる可能性がある 法律系資格の登竜門と言われている 面接で有利になる 宅建の取得は就職・転職時の面接で有利になるものです。 先述したように、宅地建物取引業は事務所の従事者5人に1人以上は宅建士を設置する義務があります。 宅建士にしかできない業務もあることから、不動産取引を行う会社にとっても必須の資格です。 業種によっては宅建が必須ということもあるでしょう。 宅建を取得していることで選択できる業種の幅が広がります。 加えて、面接時に数名の候補者で結果が拮抗していれば、最後は宅建の有無で判断される可能性もあります。 年収アップにつながる可能性がある 資格取得者への資格手当を支給している企業は少なくありません。 不動産会社の場合、宅建の取得で毎月2~5万円ほど給与がアップするケースが多いものです。 毎月5万円プラスされれば年収では60万円の差に変わります。 また、会社によっては宅建の取得がキャリアアップの条件となっているケースもあるでしょう。 宅建を取得することでキャリアアップできれば、より高い年収を目指すことも可能です。 法律系資格の登竜門と言われている 宅建は、他の資格の試験範囲とかぶる内容も多いため、宅建の勉強をしていることで他の資格取得が目指しやすくなります。 FPやマンション管理士などは、目指しやすい代表的な資格です。 それらの資格も取得することで、キャリアアップも目指せるでしょう。 また、宅建は行政書士や司法書士など法律系国家資格の登竜門ともいわれています。 宅建取得後に、さらに難易度の高い国家資格を目指す人も少なくありません。 不動産業界だけでなく、最終的にどのような仕事がしたいかも視野に入れて宅建や他の資格取得を目指すとよいでしょう。 不動産転職で宅建を取得するデメリット 宅建はメリットがあり価値のある資格です。 しかし、どんな資格であってもデメリットは存在します。 宅建の取得にも勉強時間の確保などデメリットもあるので注意が必要です。 デメリットとしては、下記の3つが考えられます。 資格取得に時間がかかる 取得後に登録や更新が必要 責任が大きくなる 資格取得に時間がかかる 宅建は多くの人が受験し数多くの合格者を出しているからと言って、簡単に取得できる資格というわけではありません。 合格するには、しっかりと勉強が必要です。 法律の知識のない人が独学で合格を目指す場合500時間、ある程度知識のある人でも300~400時間は勉強が必要と言われています。 仮に、300時間勉強するにしても、毎日5時間しても60日は掛かります。 仕事をしながら1日2時間ほどの勉強なら150日も時間が必要です。 さらに、時間をかけたからと言って必ず合格できるわけではありません。 宅建試験は毎年1回しか開催されないため、今年落ちれば次のチャンスは1年後となります。 長期的に取り組む必要があるので、モチベーションの維持なども重要になってきます。 取得後に登録や更新が必要 宅建は試験に合格してからと言って、すぐに仕事につかえるわけではありません。 合格後は都道府県に宅建士として登録し宅地建物取引証の交付を受ける必要があります。 また、宅地建物取引士証は5年毎に更新が必要です。 登録・更新時には、次のような費用がかかります。 登録手数料:37,000円 宅地建物取引士証交付手数料:4,500円 更新料:16,500円 なお、宅建士として実務経験2年未満の場合、登録には別途講習の受講も必要です。 このように、登録・更新に費用や手間がかかる点には注意しましょう。 ただし、宅建の資格を一度取得すれば、資格自体は生涯有効です。 更新せずに有効期限が終わった場合でも、再交付の申請をすれば宅建士の仕事をすることが可能です。 宅建士の資格が必要な仕事に就く際に登録・更新すればよいので、資格が無駄になるわけではありません。 責任が大きくなる 宅建士には宅建士にしかできない業務がある反面、宅建士への責任も大きくなります。 万が一、重要事項説明でのミスがあれば損害賠償責任を問われる恐れもあるでしょう。 とはいえ、基本的に不動産会社ではミスが無いように厳重なチェック体制や万が一の保障を整えています。 しかし、自分でも責任が大きい仕事であることは理解し、常に細心の注意を払う必要はあります。 不動産転職のために宅建を取るべき? 結論をいえば、取得するのがおすすめです。 しかし、取得が必ず転職に有利になるわけではない点は理解しておきましょう。 特に、「転職のためにとりあえず取得しよう」と考えているなら取得はおすすめできません。 不動産転職に宅建は必須ではないケースが多い 不動産業界に欠かせない資格とはいえ、採用の必須資格でないケースがほとんどです。 宅建の資格がなくても応募できる求人は多くあります。 宅建がないと転職できないと思っている人は、まず求人の具体的な採用基準をチェックしてみるとよいでしょう。 宅建を取得していても面接に落ちることはある 宅建を取得しているからと言って採用されるわけではありません。 同じ結果で採用を悩んでいるときに宅建の有無が差になることはあるかもしれません。 しかし、宅建を取得しているからという理由だけで採用されることはありません。 反対に、宅建を取得した理由を面接時に問われて「転職の為」と答えることでマイナスイメージを与える恐れがあるでしょう。 大事なのは資格の取得ではなく、取得や不動産業界を目指す理由や熱意です。 転職後に勉強して資格取得するのがおすすめ 宅建を取得してから転職しようとすると、独学ではかなりの時間がかかります。 既に転職を決意しているのであれば、転職後の資格取得がおすすめです。 不動産会社の中には、社内での資格取得サポートが整っている会社も少なくありません。 今は取得していなくても、今後取得に向けて勉強中というだけでも面接時の印象アップにはつながるでしょう。 宅建資格が役に立たないことに関するよくある質問 最後に、宅建資格が役に立たないことに関するよくある質問を見ていきましょう。 宅建資格を取得して人生が変わるケースもある? 状況によりますが、宅建資格を取得して人生が変わる方もいらっしゃるでしょう。 宅建士資格はメジャーな資格ですが、法律系資格の登竜門とされており、そう簡単に資格取得できるわけではありません。 要領の良い方でも3ヶ月~半年程度、全くの未経験だと1~2年間は勉強しなければならないこともあるでしょう。 特に、これまで真面目に勉強してこなかったという方にとって、長期間勉強に取り組んで、合格という成功体験を掴むことで人生が好転するという方は少なくないようです。 上記のような、精神的なものだけでなく、資格を取得することで昇給や昇格を果たすケースもあるでしょう。 宅建はオワコン?やめとけと言われる理由とは 宅建士はオワコン、やめとけと言われることもあるようです。 この理由としては、特に不動産業において宅建資格を取得しても業績が上がるわけではなく、資格を取得したところで営業成績が振るわなければ自主退職を考えなければならないケースがあることなどが理由として挙げられるでしょう。 また、オワコンと言われる理由としては、宅建業者が減っているのに対して、宅建士の資格取得者が増えており、需要と供給が合っていないことが理由として考えられます。 不動産業界への転職を考えている人におすすめなのは、不動産業界に転職した後、一定の成績を挙げられるようになってから、宅建士の資格を取得することです。 宅建業者は従業員数に対して一定数の宅建士を配置する必要がありますが、いってしまえば誰を配置してもよいのです。 営業成績を挙げられるのに加えて、宅建士を取得しているのであれば、より重宝される存在となりやすいでしょう。 宅建を活かせる仕事で不動産以外の業界はある? 宅建士は宅建業者における独占業務を行える業種で、設置義務もあるため、特に不動産業で重宝される資格です。 一方、不動産業以外にも不動産と取り扱う業界として、金融業や保険業などがあり、そうした業界でも宅建資格を取得していると活かせる可能性があるでしょう。 宅建を活かせる不動産業以外の業界については、以下記事で解説しています。 >>宅建資格を活かせる仕事で不動産以外の業界とは?宅建士の強みやメリットと併せて解説 まとめ 宅建は、取得したからといって転職が有利に運ぶほど便利な資格ではないため役に立たないと言われてしまうことがあります。 しかし、宅建を取得していれば、年収アップが期待できるなどメリットがある、人生の大きな財産にもなります。 宅建取得には時間がかかるため、不動産業界への転職を検討しているなら、まずは宅建の取得よりも転職を優先させることがおすすめです。 不動産業界には宅建が必須ではない求人も多くあります。 転職後に宅建を目指してみるのも一つの手と言えるでしょう。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する
宅建資格を活かせる仕事で不動産以外の業界とは?宅建士の強みやメリットと併せて解説
2023/12/11
宅建士の資格は不動産業においては非常に重要な資格となりますが、資格取得後、不動産以外の仕事に役立てることはできるのでしょうか。 ここでは、宅建士資格の強みやメリットをお伝えすると共に、宅建士資格を不動産以外で活かせる仕事についてご紹介します。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する 宅建士資格の強み 資格にもいろいろな資格がありますが、それらのうち、宅建士資格はどのような強みがあるのでしょうか。 ここでは、宅建士資格の強みについて以下の通りご紹介します。 不動産契約時の独占業務がある 宅地建物取引業者には設置義務がある 勤め先に資格手当があるケースがある それぞれ見ていきましょう。 不動産契約時の独占業務がある 不動産取引は大きなお金が動くこともあり、契約時には宅建士が説明等行う必要があります。 この業務は、宅建士の独占業務であり、具体的には以下3点が挙げられます。 重要事項の説明 重要事項説明書への記名・押印 契約書への記名・押印 不動産契約時には、不動産取引に関する重要事項の説明を行う必要があります。 この重要事項説明書は、宅建士の記名・押印が必要であり、宅建士が内容の説明を行わなければなりません。 また、重要事項説明後に交付する契約書にも宅建士の記名・押印が必要となります。 宅地建物取引業者には設置義務がある 宅地建物取引業を営む場合、以下の要件を満たすよう、宅建士を設置しなければなりません。 事務所の場合、業務に従事する者の5人に1人以上 事務所以外の場所の場合、1名以上 上記宅建士は「成年」かつ「専任」である必要がある このため、宅地建物取引業を営む企業にとって、宅建士の資格保有者は重要な存在となるのです。 勤め先に資格手当があるケースがある 宅建士資格を取得することで、勤め先によっては資格手当を貰えるケースがあります。 資格手当の内容については、資格取得時に一括で貰えたり、毎月定額を貰えたりなどさまざまでしょう。 資格手当の内容については公表されているケースも多いため、人事などに確認するのがおすすめです。 宅建士資格は不動産業への転職で役に立つ? 宅建士資格取得は不動産業への転職活動で役に立つのでしょうか。 この点、宅建士資格は知名度が高い資格で、国土交通省の調査によると2021年度末時点で112万6595人の人が資格を取得しています。 反対に、宅建業者の数は減少傾向であり、需要に対して供給が多くなってしまっている状況だといえるでしょう。 上記点から、宅建士資格を保有しているからといって、即採用につながることは少ないと感じられます。 一方、宅建業者には宅建士の設置義務があり、また契約時の独占業務があります。 また、宅建士の資格取得を通して不動産に関する基礎的な知識を身に付けられるため、この点でも評価にはつながりやすいでしょう。 こうしたことから、宅建士の資格を取得することでプラスになる点もあるでしょう。 ただし、宅建士の資格取得はそう簡単なものではありません。 転職のために資格取得を考えているという方は、先に転職してから資格取得を考える方がメリットは大きいといえます。 以下では、宅建士の資格取得が役に立つのか、立たないのかという視点で解説しています。 >>宅建資格を取得しても約に立たない?理由や取得するメリットなど解説 宅建士資格を不動産以外で活かせる仕事 宅建士の資格取得は不動産業以外で活かすことができるのでしょうか。 ここでは、宅建士の資格を取得することで資格を活かせる業界について、不動産業以外のものをご紹介します。 具体的には、以下の4つです。 金融業 建設業 保険業 士業 それぞれ見ていきましょう。 金融業 金融機関の中でも、銀行などでは不動産について取り扱う機会が多いです。 例えば、住宅ローンを組んだり、企業が不動産担保ローンを組んだりするような場合は、不動産に関する知識があると役立つでしょう。 場合によっては、担保になる不動産を直接紹介するケースもあります。 なお、信託銀行は、普通の銀行と比べて不動産を取引する機会が多いですが、宅建業の許可なく不動産の取引をすることができると定められています。 建設業 ハウスメーカーやディベロッパーなどの建設業は、建物を建てるのが仕事です。 しかし、建物を建てるには土地がなくてはならないケースがほとんどです。 こうしたことから、自社で宅建業の免許を取得して土地の取引を行うケースもあるでしょう。 また、建売住宅やマンションなど完成物件を販売する場合は、不動産を販売することになるため、宅建業の免許が必要になります。 保険業 生命保険など販売する会社であれば、個人の顧客に対してライフプランニングを行う機会は多いものです。 そうしたときに、住宅ローンに関する説明など、不動産を取り扱うこともあります。 また、対法人で保険商品を提供する場合であっても、企業資産の中で不動産の占める割合は大きく、遊休不動産の活用など行うこともあります。 そうしたケースで、宅建士の資格を取得していると顧客の信頼獲得につながりやすくなるでしょう。 士業 行政書士や司法書士など士業で独立している方など、宅建士とダブルライセンスを取得すると役立つケースがあります。 特に司法書士の場合は不動産の登記を扱うケースが多く、宅建士を取得していると役立つことも多いといえます。 転職のために宅建資格を取得するメリット 不動産業での宅建資格取得と併せて、不動産業以外で宅建資格を役立てられる業界についてご紹介しました。 ここでは改めて、転職のために宅建資格を取得するメリットについて見ていきましょう。 具体的には以下の3つです。 努力を継続できる証明になる 年収アップにつながるケースがある 転職後に安定しやすい それぞれ見ていきましょう。 努力を継続できる証明になる 宅建士資格は民法や建築関連の法律、宅建業法などさまざまな分野について学習しなければ資格取得できません。 基本的には、3ヶ月~半年程度は学習を継続する必要があるでしょう。 このことから、宅建士の資格を取得しているということは、目標を持って一定期間努力を継続できる証明となります。 年収アップにつながるケースがある 宅建士の資格を保有していることで、資格手当を受けられるケースがあります。 具体的な資格手当の内容は会社により異なりますが、金融機関など、不動産業以外でも宅建士の資格取得に対して資格手当を設けていることもあるでしょう。 転職後に安定しやすい 転職した後、不幸にも勤め先がリストラなど考えなければならなくなったとしましょう。 そうしたケースで、業績などが同じくらいの同僚がいた場合、宅建士を取得している人とそうでない人とでは、資格を取得している人が残りやすくなる可能性は高いです。 これは、特に不動産業においては設置義務があることから、上記のような判断がされる可能性が高いといえます。 宅建士とのダブルライセンスがおすすめの資格 最後に、宅建士とのダブルライセンスがおすすめの資格についてご紹介します。 ここでご紹介するのは以下の5点です。 管理業務主任者 マンション管理士 賃貸不動産経営管理士 行政書士 ファイナンシャルプランナー それぞれ見ていきましょう。 管理業務主任者 管理業務主任者はマンション管理において、管理委託を行う際の契約において、重要事項の説明など行う資格です。 管理業務主任者の資格試験の内容は、宅建士資格と被る部分が多く、先に宅建士を取得していると、管理業務主任者資格の学習を進めやすくなるでしょう。 また、不動産業界でマンション管理を行う企業に転職したり、地震で管理業務主任者として独立したりするケースでも、宅建士の資格を取得していることで役立つことは多いでしょう。 マンション管理士 マンション管理士はマンションにおける管理組合の運営を行ったり、管理組合や管理者等をサポート・アドバイスしたりする資格です。 マンション管理士についても、学習内容が宅建士資格と被る部分が多く、先に宅建士を取得していると学習を進めやすくなるという特徴があります。 賃貸不動産経営管理士 賃貸不動産経営管理士は、賃貸物件の管理において、一定の知識を持っていることを証明する資格です。 賃貸不動産経営管理士は毎年の資格試験合格率が70%程度で推移しており、そこまで取得が難しい資格ではありません。 賃貸業に取り組む不動産会社等で役立てられる資格のため、宅建士との相性は良いといえるでしょう。 行政書士 行政書士は官公署に提出する書類などの書類提出や許認可申請の代理などを行う資格です。 なお、官公署に提出する書類などの作成代理は行政書士の独占業務となっています。 宅建士と行政書士とでは、仕事の面で大きな相乗効果は見込めないこともあるでしょう。 しかし、宅建士は法律系資格の登竜門と言われており、行政書士の資格取得前に宅建士の資格を取得するという方も多いです。 場合によっては、宅建業と行政書士の両方を開業するといったことも考えられるでしょう。 ファイナンシャルプランナー ファイナンシャルプランナーは、お金の相談などに乗る資格者です。 金融機関や保険会社、不動産会社など資格を活かせる範囲は大きいといえます。 ファイナンシャルプランナーの資格取得試験では、大きく6つあるテーマのうちの一つが不動産となっており、宅建士の資格取得を通して得られた知識を活かせることができます。 また、業務においても、宅建士とフィナンシャルプランナーを取得していると、「お金に強い不動産業者」、「不動産に強いファイナンシャルプランナー」といった特徴付けが可能となるでしょう。 宅建士を不動産以外で活かせる仕事に関するよくある質問 最後に、宅建士を不動産以外で活かせる仕事に関するよくある質問をご紹介します。 宅建士の資格取得で金融業界への転職は有利になる? 金融業界への転職において、宅建士の資格を取得していることが有利に働くことはそう多くないでしょう。 もちろん、不動産業界への勤務経験があり、そのうえで宅建士の資格を取得しているといった場合、転職に有利に働くケースはあります。 その場合、どちらかというと不動産業界への勤務経験が、金融業界での業務に活かせると判断されていることが多いでしょう。 宅建士の資格を取得していて、金融業界に就職したいと考えている方は、一度不動産業界で経験を積んでから、金融業界への転職を考えることも一つの方法です。 宅建を活かせるバイトはある? 宅建資格を取得していることを活かせるバイトとしては、宅建事務や不動産の案内業務などが挙げられるでしょう。 不動産業界が未経験で、まずは不動産会社の仕事がどういった内容なのか知りたいといった方や、昔子育て中の方などにおすすめの働き方です。 将来的には正社員に採用される可能性もあります。 女性が宅建士を活かして転職する際のおすすめの就職先は? 女性が宅建士の資格を活かして転職する際のおすすめの就職先としては、不動産事務や不動産の案内業務などが挙げられます。 アルバイトやパートであれば、子育て中の方や短時間で働きたい方などにもおすすめです。 一方で、宅建士を取得していれば宅建士としての採用も期待しやすいでしょう。 まとめ 宅建士の資格について、資格取得のメリットや不動産業以外で活かせる業界などお伝えしました。 宅建士の資格は知名度が高く、また不動産はさまざまな分野で取り扱われるものです。 資格を取得しておくことで、転職時に有利になったり、また転職後に安定しやすくなったりとメリットがあるでしょう。 一方で、宅建士の資格取得はそう簡単にできるものではありません。 宅建士の資格を取得していれば、転職時にかなり有利になるというケースはそう多くはありません。 転職を見越して宅建士の資格取得を考えているという方は、先に転職した方がよいケースも多いといえるでしょう。 不動産業界特化型転職エージェントに相談する