三井不動産レジデンシャルは三井不動産グループの一社でグループ内の住宅事業を担当しています。
安定した経営地盤を持っており、デペロッパーとして様々な事業を手掛けています。
この記事では三井不動産レジデンシャルの平均年収やどんな人が向いているのか、その特徴についても詳しく解説しますので、三井不動産レジデンシャルに興味がある人はもちろん、その他の住宅不動産企業に興味がある方も参考になさってください。

 

三井不動産レジデンシャルの平均年収と企業概要

三井不動産レジデンシャルの平均年収や企業概要について詳しく説明します。
具体的には以下の内容について詳しく見ていきましょう。
・平均年収は803万円
・事業内容
・今後の展望

 

平均年収は800万円

三井不動産レジデンシャルの平均年収は800万円です。
社員クチコミによる平均年収となっており、年収範囲は400万円から1360万円とバラツキが有りますが、一般社員から管理職まで役職による差や職種による差があります。
日本の給与取得者の平均給与は443万円(民間給与実態統計調査)であるため、全国の平均と比較すると三井不動産レジデンシャルの社員は非常に高給であると言えるでしょう。

 

事業内容

三井不動産レジデンシャルは三井不動産グループの中で住宅事業を担当しています。
具体的には中高層住宅や戸建住宅、賃貸住宅、シニアレジデンス事業を手掛けています。
他にも市街地の再開発やマンションの再生、海外事業など幅広く展開しているすまいとくらしに関わる事業会社です。
用地取得から開発、販売、管理まで一体のバリューチェーンを持つビジネスモデルが大きな強みとなっています。

 

今後の展望

すまいの高性能・高耐久化による省エネルギーの実現や再生可能エネルギーの導入を促進するとともに、入居後のお客様が楽しみながら省エネルギーに貢献できるような、すまいとくらしの提供を目指しています。
ご契約以降の生活を豊かにするサポートサービスの拡充・質的強化や地域活性化プロジェクトなどコミュニティ形成支援についても積極的に取り組んでいく予定です。
また、今後は三井不動産グループの総合力を発揮していくための体制や仕組み作りに取り組み、さらに連携を強化していく考えです。

 

三井不動産レジデンシャルの口コミ・評判

三井不動産レジデンシャルの口コミや評判を紹介します。
実際に在籍していた経験がある方の言葉ですので、会社を詳しく知るための参考にしてみて下さい。

三井不動産レジデンシャルの口コミ① 出典:転職会議
競合他社と比較すると比較的高収入を見込める。一定の年齢までは成績に関係なく同期一律に給与水準が上がっていくが、30歳を超えたあたりで業績によって乖離が生まれてくる。評価制度も特に問題ない。
(30代前半、男性、正社員、個人営業、主任クラス)

三井不動産レジデンシャルの口コミ② 出典:転職会議
仕事のやりがいは地図を描き変えるだけでなく、人々の生活や人生をも一変させるような住宅というプロダクトを起点に、街づくりというインパクトの大きい事業に携われること。自身の想いがカタチになり、そこにお客様が住まい、その先の暮らしにつながっていくこと。
(20代後半、女性、正社員、商品企画)

三井不動産レジデンシャルの口コミ③ 出典:転職会議
育児休暇産休を取得している方はたくさんいらっしゃり、復帰後も時短勤務をされている方が多いです。働くママさんへの理解がとてもある会社です。マタニティーハラスメントはなく、みなさん働きやすそうです。また退職後も5年以内の復職制度があります。
(20代後半、女性、正社員、一般事務)

三井不動産レジデンシャルの口コミ④ 出典:転職会議
業界のリーディングカンパニーであること、新しいことにどんどん挑戦していく開拓精神溢れる社風かと期待して入社したが、意思検定のスピードはかなり遅く、実行までのフェーズも多いと感じる。
(20代後半、女性、正社員、商品企画)

 

三井不動産レジデンシャルが向いている人

三井不動産レジデンシャルが向いている人の特徴について詳しく説明します。
以下の3つがポイントです。
・安定した給与制度で働きたい人
・大手企業で働きたい人
・規模の大きな仕事に携わりたい人
それでは具体的に見ていきましょう。

 

安定した給与制度で働きたい人

三井不動産レジデンシャルの給与体系は歩合で大きく稼ぐという形態ではありません。
どちらかというと年功序列の体系となっているため、腰を据えて安定した給与制度を望む人に向いていると言えます。
大手企業だけあって、年功序列で横並びの給与体系だとしても、高めの給与が期待できるでしょう。

 

大手企業で働きたい人

三井不動産レジデンシャルは経営地盤が安定しています。
また「三井」ブランドを使用することも可能で、ネームバリューを活用して営業活動に取り組むこともできます。
しかし、大企業ゆえの決裁まで時間がかかることや、紙の資料が多い点などは理解しておく必要があるでしょう。
大手企業でのネームバリューを活用して働きたい人には向いている会社です。

 

規模の大きな仕事に携わりたい人

三井不動産レジデンシャルは三井不動産のグループ会社であり、大規模な事業に関わる場面も出てきます。
中高層ビルなどの大型建築物や、市街地の再開発事業など大きな規模の事業に関わることができるのが大きなメリットです。
将来的に自分のやりがいに繋がってくることでしょう。
規模の大きな仕事に携わりたい人には向いている会社です。

 

三井不動産レジデンシャルに転職する流れ

三井不動産レジデンシャルに転職する流れについて説明します。
ホームページ内の採用ページや転職エージェントを通じて以下の流れで転職活動を進めていくことがおすすめです。
・公式採用ページを確認する
・転職エージェントに登録する
・転職エージェント経由で応募する
それでは具体的に見ていきましょう。

 

公式採用ページを確認する

公式ホームページ内に採用ページがあります。
現在三井不動産レジデンシャルの採用ページには、キャリア採用の募集が掲載されています。
今後、掲載中の求人情報が変更される可能性がありますので、気になる方は定期的に公式採用ページを確認することが重要です。
総合職としてのキャリア採用情報、品質企画部のキャリア採用情報で応募窓口が異なりますので、注意しましょう。
リターンエントリー(退職後再雇用を希望)の方は専用の問い合わせフォームがあり特徴的です。

 

転職エージェントに登録する

直接応募ではなく、転職エージェントを通じての転職活動も盛んに行われています。
サービスを利用するためにはまず転職エージェントに登録しましょう。
たくさんある転職エージェントサービスの中から、どの転職エージェントを選ぶのかが非常に重要ですが、業界に特化したエージェントがおすすめです。
不動産業界特化型転職エージェントのリアルエステートWORKSなら、三井不動産レジデンシャルなど企画・開発求人を多数取扱しています。
面接対策や書類添削も充実しており、現職が忙しく転職に時間が取れない方、じっくりと腰を据えて転職活動を行いたい方にぴったりです。
 

転職エージェント経由で応募する

気になる求人があれば、転職エージェント経由で応募してみましょう。
応募書類の作成後はそのままリアルエステートWORKS経由で応募することが可能です。
現在は一般公開されていない職種やポジションでも、企業は転職エージェントに対し非公開求人として紹介を依頼している場合があり、転職エージェントに登録していなければ出会えない求人も多く存在します。
エージェントから非公開の案件を紹介され、選考に進んだ結果、採用される可能性もありますので、転職エージェントに登録しておくことはとても大切です。
また会社の特徴や強み、求人内容や選考方法などについて充実したサポートを受けることができます。
また面接日程の調整までエージェントが行ってくれるため、効率的に転職活動を行うことが可能です。
 

三井不動産レジデンシャルの求人例

現在三井不動産レジデンシャルの採用ページやリアルエステートWORKSにキャリア求人が掲載されています。
その中から以下の3つの求人を紹介します。
・総合職
・カスタマーサービス職
・クオリティマネジメント職
それでは具体的に見ていきましょう。

 

総合職

三井不動産レジデンシャルでは3つの職種が連携し、製販一体のバリューチェーンを形成しています。
総合職では用地・営業・開発の3つの職種をジョブローテーションしながらデペロッパー事業に精通する経験を身に付けていくことが可能です。
具体的には用地所得に関する事業用地情報の収集、プロジェクトの企画開発、営業・広報戦略の策定、モデルルームの運営やお客様のご案内~契約・引き渡しなど幅広い業務を経験します。
社会人経験が3年以上あれば、業界経験が無くても応募可能です。
 

カスタマーサービス

引渡し前に開催する内覧会以降のお客様からの窓口対応を担当します。
顧客視点とプロの技術でお引き渡し後の住まいと暮らしをサポートする仕事です。
住戸に不具合があれば迅速に修理や補修の対応段取りを行うとともに、定期的にお客様の元に訪問します。
機器の清掃方法や操作方法についての説明なども行いながら積極的にお客様に寄り添う姿勢を大切にしています。
専門知識と同じくらい、お客様目線で対応し、お客様に安心感を与えるというようなホスピタリティが重要な仕事です。
 

クオリティマネジメント

マンションにおける設計・施工段階の品質管理業務を担当します。
一級建築士や施工管理技士の資格を持つ人が対象の求人です。
設計・建築・設備・構造などそれぞれの専門であるクオリティエンジニアがディペロッパーの視点で厳しく品質チェックを行う事で、高いクオリティの実現を目指しています。
自社の事業担当者のみならず、設計・施工会社ともミーティングを重ね、品質が保たれるように取り組んでいます。
 

まとめ

この記事では三井不動産レジデンシャルの平均年収や向いている人の特徴について詳しく説明しました。
三井不動産レジデンシャルは大手不動産会社のグループ会社であり、非常に安定した基盤を有しています。
大手企業で着実にキャリアを築いていきたい人に向いている企業で、人気の企業です。
三井不動産レジデンシャルへの転職に興味がある方はぜひ転職エージェントと共に戦略的に転職活動を進めることをおすすめします。
その中でもリアルエステートWORKSは住宅不動産業界に特化したエージェントであり、三井グループの各求人について詳しい情報を所持しています。
また、書類選考や面接について詳細にアドバイスを受けることができ、入社まで無料で充実したサポートを受けることが可能です。
三井不動産レジデンシャルなどレジ系企画・開発に興味がある方はお気軽にリアルエステートWORKSに問い合わせください。